粒子ボリュームレンダリング 理論とプログラミング ★注意事項あり★

粒子ボリュームレンダリング 理論とプログラミング ★注意事項あり★
商品名 粒子ボリュームレンダリング 理論とプログラミング ★注意事項あり★
現在価格 900円
即決価格
入札数 0
残り時間 23時間
対応 即決価格Yahoo!かんたん決済

粒子ボリュームレンダリング 理論とプログラミング ★注意事項あり★

商品詳細
●基本情報●
発行/2010年  
定価/3000円+税 

●内容詳細●
可視化対象データを粒子で表現する画期的な計算モデルに基づき,表現能力,拡張性や対話性を向上させた新しい可視化手法を用い,本書では,理論を明解に解説しサンプルプログラムを利用してプログラミング法についても説明した。


目次】

1. 可視化概要
1.1 可視化について  
1.2 ボリューム可視化  
1.3 ボリューム可視化の幕開け  
1.4 可視化研究コミュニティ  
1.5 可視化の効能  
1.6 粒子ボリュームレンダリングのすすめ  

2. ボリュームデータ
2.1 数値データ  
2.1.1 スカラデータ  
2.1.2 ベクトルデータ  
2.1.3 テンソルデータ  
2.2 格子データ  
2.3 変換処理  
2.3.1 ハッシュテーブル  
2.3.2 隣接格子情報の作成  
2.3.3 格子形状の四面体分割  
2.3.4 格子中心データの節点データへの変換  
2.4 四面体格子データ  

3. データ処理
3.1 データ補間  
3.1.1 1次元格子  
3.1.2 2次元格子(三角形)  
3.1.3 3次元格子(四面体)  
3.1.4 2次元格子(四角形格子)  
3.1.5 3次元格子(六面体)  
3.1.6 その他の格子  
3.2. 格子における特徴探索  
3.2.1 極点の探索  
3.2.2 特異点の探索  
3.2.3 縮退点の探索  
3.3 格子探索技術  

4. ボリュームレンダリング
4.1 雲画像生成技術  
4.1.1 Blinnのモデル  
4.1.2 Kajiyaのモデル  
4.2 ボリュームレンダリング理論  
4.2.1 粒子発光モデル  
4.2.2 不透明度定義を使った粒子密度推定  
4.3 ボリュームレンダリングの実装  
4.3.1 レイキャスティング法  
4.3.2 スライスバイスライス法  
4.3.3 格子投影法  
4.3.4 事前積分法  

5. 粒子ボリュームレンダリング
5.1 ソート処理からの決別  
5.2 処理概要  
5.3 粒子密度推定  
5.3.1 不透明度を使った粒子生成  
5.3.2 不透明度定義を使った粒子密度推定  
5.4 粒子生成 
5.4.1 一様サンプリング法  
5.4.2 棄却サンプリング法  
5.4.3 メトロポリスサンプリング法  
5.5 区間ボリュームサンプリング法  
5.5.1 四面体格子向けサンプリング法  
5.5.2 事前粒子生成  
5.5.3 粒子生成  
5.6 粒子投影  

6. 3次元グラフィックスの基礎
6.1 幾何データ  
6.1.1 点データ  
6.1.2 線分データ  
6.1.3 面データ  
6.2 座標系  
6.2.1 オブジェクト座標系  
6.2.2 世界座標系  
6.2.3 カメラ座標系  
6.2.4 ウィンドウ座標系  
6.3 座標変換  
6.3.1 モデリング変換  
6.3.2 ビューイング変換  
6.3.3 投影変換  
6.3.4 モデルビュー行列と投影行列  
6.4 陰影処理  
6.4.1 照明モデル  
6.4.2 シェーディング  

7. 可視化プログラミングの基礎
7.1 可視化プログラミング  
7.1.1 ボリュームデータの構造  
7.1.2 可視化パイプライン  
7.2 フィルタリング・マッピング処理の要素技術  
7.2.1 データ補間  
7.2.2 伝達関数の操作  
7.3 レンダリング処理の要素技術  
7.3.1 レンダリングパイプライン  
7.3.2 シェーダプログラミング  
7.3.3 GPU向けデータ構造  
7.3.4 粒子ボリュームレンダリングへの適用  

8. 粒子ボリュームレンダリングソフトウェア
8.1 可視化パイプラインの構成  
8.2 粒子生成モジュールの実装  
8.2.1 粒子数の推定  
8.2.2 粒子の生成  
8.2.3 区間ボリュームサンプリング法による粒子の生成  
8.3 粒子投影モジュールの実装  
8.3.1 粒子データの転送  
8.3.2 粒子投影処理  
8.3.3 アンサンブル平均化処理  
8.3.4 詳細度の制御  
8.3.5 レンダリング処理モジュールの実装  
8.4 システムの構築  

9. タイルド表示装置による高解像度表示技法
9.1 分散粒子ボリュームレンダリングシステム  
9.1.1 分散レンダリング  
9.1.2 システムの実装  
9.1.3 適用事例  
9.2 タイルド表示装置を用いた高解像度表示システム  
9.2.1 SAGE  
9.2.2 構築例  

引用・参考文献
索引  


---★★注意事項★★---------------
サンプルコードを実行するためのKVSのダウンロードページは現在利用できません。ご注意ください。
商品状態
●表紙の状態●
【3】
擦れ(摩擦キズ)がありますがひどいダメージありません。
裏表紙に摩擦による変色あります。

●本章の状態●
【3】
最初のページに贈呈スタンプあります。
他は目立つダメージありません。

■状態の説明■
 <表紙>         
【5】特筆すべき劣化無く綺麗な状態
【4】多少の傷や日焼けがある状態で目立つ折れなど無い状態
【3】摩擦キズや四隅のシワ及び日焼けが有り通常古本程度の状態
【2】上記の劣化に加えて破れがあったり物理的変色が目立つ状態
【1】ひどい破れや汚れがある状態

 <本章>
【5】新書で購入して軽く読んだ程度
【4】新書で購入し数回読んだ程度
【3】それなりの使用感(折れや日やけ)が目立つ程度有る状態。
   古本で購入もしくは新書購入でかなり勉強した程度
【2】強めの使用感がある状態。学習上の劣化+α(染みや書込有る)状態です。
【1】とりあえず読めればよいと言う方むけで状態悪いです。ですが完全に読めることは読めます。

商品状態は学習の度合いなどによりぴったり当てはまるものでなく
気になるダメージにつきましては記載させて頂きます。

全てのダメージを書き尽くすことはできないため気になる点はご質問下さい。写真にアップするなり再チェックして細かくお知らせいたします。
お支払いなど
●お支払方法●
①簡単決済
②銀行振込(ジャパンネット銀行)
③銀行振込(楽天銀行)
④ゆうちょ
⑤住信SBIネット銀行
発送方法など
●発送方法● 
1.(ゆうメール 160円)これが最安値になると思います。
2.その他 (金額が高くなると思いますがレターパックもお受けいたします)

●同梱など●
 同梱は可能な限り安い発送方法でさせていただきます。
コメント
私や仕事仲間の専門分野で読み終えた本など出品させていただきます。
理工系や電子工学 理系本など出品させていただきます。

+ + + この商品説明は オークションプレートメーカー2 で作成しました  + + +
No.204.005.001

7-12Π
Webサービス by Yahoo! JAPAN

人気ランキング♪

  • 紫外線
  • 腸内細菌
  • 汗
  • 熱中症
  • 漢字ドリル
  • 将棋
紫外線 / 腸内細菌 / / 熱中症 / 漢字ドリル / 将棋

トップページ


livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加





ページトップへ